藤が丘の産婦人科・松信レディースクリニック 横浜市青葉区の、あなたのための街の小さなレディースクリニック

不妊治療についてよくある質問

子供がなかなかできないのです。
不妊症とは夫婦が一定期間(一年以上)正常な夫婦生活を営んでいるにも拘らず妊娠しない状態を言います。

不妊の原因は、妻と夫の両方に考えられ、その割合も各々50%ずつです。原因を見つける為にいろいろな検査がありますがご夫婦で良く考えて検査をお受けください。どんな検査を受けた方が良いか、ご相談しながら進めてゆきましょう。
不妊治療はどんな検査をするのですか?
不妊の原因を見つける為にいろいろな検査がありますがご夫婦で良く考えて検査をお受けください。どんな検査を受けた方が良いか、ご相談しながら進めてゆきましょう。どのような検査を受けたほうがいい以下、ご相談しながら進めていきましょう。

検査内容
・不妊症の検査基礎体温測定-排卵の有無卵巣機能検査
・血中ホルモン検査-脳下垂体ホルモン検査
・卵管通気検査-卵管の通過性の状態を調べる
・超音波検査-排卵時期の予測
・尿中ホルモン検査超音波検査-排卵時期の予測.
・頚管粘液精子貫通試験-フーナーテス、精子と頚管粘液の適合性検査
・子宮内膜検査-着床内膜の発育検査
・膣内容分泌物検査-炎症や感染症の有無
・精液検査-精子の数や状態を観る検査
不妊治療の概要を教えてください。
まず基礎体温の測定から始めていただきます。その上でいろいろな検査をおこないます。基礎体温やその他の検査で特に異常が認められない方については、超音波検査や頚管粘液の検査などの検査を行い排卵のある日を推定してゆきます。(timing指導)この方法で大体の方がご妊娠していただけます。基礎体温で排卵が認められない方やなかなか排卵が起こらない方にはホルモン療法や漢方療法など併用して治療をさせていただきます。

どのような治療方法を選択するかは、ご夫婦と良く相談をしながら勧めていきたいと思います。

他院で体外受精等の治療で通院中の方受けている方で、通院先の病院で行っている治療方法と同じホルモン治療(注射など)を行うこともできます。遠方まで通院されている方などご相談ください。