藤が丘の産婦人科・松信レディースクリニック 横浜市青葉区の、あなたのための街の小さなレディースクリニック

更年期障害についてよくある質問

最近体調が悪いのですが、ひょっとしたら更年期障害でしょうか?
卵巣の働きが徐々に低下し始めると、いろいろ不快な症状が現れる事があります。特徴的なものは、顔のほてりや発汗などがあります。性交痛や外陰部の痛みなども一つの症状です。

また、気分がすぐれず、やる気が起きてこないなども更年期に入った症状の一つかもしれません。
更年期障害ってどんなものですか?
閉経の前後5年間、合わせて10年間を更年期と呼んでいます。

この時期は卵巣の機能が徐々に低下し、女性ホルモンの分泌が少なくなってくる時期です。その為、のぼせ、肩こり、イライラなどさまざまな不定愁訴が出現してきます。

さらに目には見えませんが骨粗しょう症や高コレステロール血症なども起こってきます。
更年期障害の治療は?
女性ホルモンの低下により起こってくるさまざまな症状は、基本的には低下した女性ホルモンを補給してあげるホルモン補充療法(HRT療法)が有効的な方法です。

気になる症状がある方は一度ホルモンの検査を行い必要に応じて適切なホルモン補充療法(HRT)や漢方薬、サプリメント療法(イソフラボン)、プラセンタ療法などにより症状を軽減することができます。当院で取り扱っているイソフラボンのサプリメントは吸収のよいアグリコン型のものです。個々にあった治療法を考えて対処していきたいと思います。
一度相談にいらっしゃって見てはいかがですか?