藤が丘の産婦人科・松信レディースクリニック 横浜市青葉区の、あなたのための街の小さなレディースクリニック

妊娠・出産についてよくある質問

どんな人たちがきていますか?
当クリニックで妊婦健診をお受けの方はこんな妊婦さんたちです。

里帰り分娩を希望する方(現在一番多く通院されている方)
分娩は大きな病院でしたいが通院が大変な方
大きな病院は待ち時間が長すぎて大変な方
小さなお子さんを連れて妊娠検診を受けたい方
里帰り分娩したいのですが、それまでの診療・検査はどうすればいいの?
当クリニックには入院の施設がありませんので,分娩は扱っておりませんが妊婦検診は行っております。里帰り分娩を希望している方、助産院で分娩を考えている方、分娩は大きな病院でしたいが長い間待つのは大変だという方などが現在妊婦健診にいらしています。

分娩は実家の近くの産院で里帰り分娩をと、お考えの方や助産院で分娩はしたいが血液検査や超音波の検査などを受けたいと思っている方はお気軽に来院ください。
分娩はどこで?
健診は当クリニックで、分娩は以下のような大きな病院を紹介しています。

昭和大学藤が丘病院 昭和大学横浜北部病院 横浜総合病院 新横浜母と子の病院
その他ご希望の病院にも紹介させていただきます
痛くないお産をしたいのですが。
お産は痛いもの、その痛い陣痛を我慢して生んだ我が子を抱いたときに味わう喜びは何物にも変えがたいものがあります。でも本当に痛い陣痛を経験しないと赤ちゃんを産んだということが実感できないのでしょうか?赤ちゃんに愛情がもてないのでしょうか?

それは違うと思います。

例えば帝王切開で出産した方は手術の時には麻酔を受けています。陣痛の痛みはありませんが、出産した喜びも赤ちゃんに対する愛情にも何の変わりもありません。特に痛みに対して不安や恐怖感をお持ちの妊婦さんは無痛分娩も選択できる分娩方法の一つです。

当院では美しが丘ウィメンズクリニックと提携しております。計画無痛分娩をご希望の方は美しが丘ウィメンズクリニックにご入院していただき、当院院長が主治医として麻酔および分娩を担当させていただきます。硬膜外麻酔による無痛分娩を行っております。

計画無痛分娩に関心のある方は遠慮なく当院にご相談ください
おなかの中の赤ちゃんの様子が知りたい
当院では一般の妊婦検診時に行う超音波の映像を見ながら赤ちゃんの状態をご説明いたします。20週以上になるとかなり詳しい映像がわかります。子宮のなかでの赤ちゃんの位置が撮影に適している場合は、3D画像も見られる時もあります。ご主人と来院していただき、一緒に超音波を見ることも出来ます。
産み分けはできますか
“女の子が続いたので今度は男の子が欲しい”、とかその逆の場合があると思います。そのように思っている方は、ぜひ一度相談にいらしてください。当院長はシェトルズ博士の理論を元に杉山四郎先生たちが研究しているSS 研究会の会員です。

基本的には不妊症の場合と同じように基礎体温や超音波を用いて排卵日を正しく推定して行き、女の子用のゼリー、男の子用のゼリーを使用します。生み別けの本を読んだ方も多いと思いますが、ゼリーの使い方や赤ちゃんを作る日や方法についてご指導いたします